美容皮膚科の脱毛機器

医療脱毛は毛の黒色など特定の色に反応するレーザーの特質を生かし、毛根にあるメラニン色素をレーザーの熱で破壊し、皮膚組織へダメージなく脱毛していきます。
人間には人それぞれの毛質がありますので医療脱毛の機械もいくつか種類があります。
そこで一般的によく使われるのが「アレキサンダーライトレーザー」と「ダイオードレーザー」です。

アレキサンダーライトレーザー

「アレキサンダーライトレーザー」はアレキサンドライトと呼ばれる宝石を用いたレーザーで、米国FDA※からさまざまな肌に適応した永久減耗(永久脱毛のこと)として認可されています。
アレキサンダーライトレーザーは世界でもっとも効果の高いレーザーとも言われています。
※米国FDAは日本の厚生労働省に該当する機関で、医師のみに使用することが認可されている医療脱毛専用のレーザー脱毛のことです。

ダイオードレーザー

「ダイオードレーザー」は半導体を使用したレーザーで、こちらも米国FDAからさまざまな肌に適応した永久減耗として認可されています。
アレキサンダーライトレーザーに比べ、日焼けした肌や色素沈着の多い肌にも適応力があります。
この他にも日焼け肌にも脱毛可能な「クールライトゼオ(Xeo)」と光脱毛のフォトRFとダイオードレーザーを組み合わせた「コメット」があります。

医療レーザー脱毛を行う前に

医療レーザー脱毛は治療を行う前に患者の肌の状況や毛質のカウンセリングがあるので、自分の肌に合った脱毛機を選択してもらいましょう。
医療脱毛を一回すれば、もう二度と生えてこないと思っている方が多いのですが、そうではありません。
毛には成長期があるので、一回の施術だけではただの休止期にあたるだけで、一時的な効果しか得られません。
確実な脱毛効果を得るには、毛周期を考慮し数回に渡って脱毛を繰り返すことが重要になります。